ページの先頭です。
ページ内移動用のメニューです。

本サイトは、スタイルシートを使用しております。
お客様が使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。


ここからヘッダーメニューです。
ヘッダーメニューはここまでです。


ここから本文です。

Asperita アスペリータ

  • 概要
  • 施工事例
  • 屋内壁
  • 耐凍害

※クリックすると説明が表示されます。

タイプ・カラー

M17
M04
M11
M10
M12
M07
  • ※画像をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。
  • ※この商品の画像データのダウンロードをご希望の方は下記ボタンをクリックしてください。(ダウンロードページに任意回答のアンケートがございます)

画像データ一括ダウンロード

規格

  形状名 品番名 カラーNo. 実寸法
(mm)
m2またはmあたりの必要数 入り数/ケース 重量/ケース 標準価格 形状図
  乱形裏メッシュ貼り ASP-20/ M04・M07・M10・M11・M12・M17 約12〜26×18×8㎜ 10.5シート/㎡ 11シート 16.4kg ¥4,000/シート  
▶消費税・施工費・運賃は含まれておりません。 ▶予告なしに価格を変更する場合もございますのでご了承ください。

備考

▶ガラス製品は、切断せずに納まるよう割り付けてください。 ▶異形ガラスのミックスとなりますので、サイズ、厚みのばらつきがございます。 ▶生産ロットにより、色合いが大きく異なる場合がございます。 ▶商品の特性上、表面のピンホールや角欠け、小さなヒビがある商品が含まれます。 ▶商品の特性上、ピースの寸法ばらつきがあり、目地間隔やシート寸法が大きくばらつきます。 ▶表面加飾の商品の為、酸洗い・クレンザーの使用はお避けください。 ▶一時的に欠品する場合もございます。ご注文の際は在庫・納期をご確認ください。 ▶下地の色を反映することがございます。 ▶白の接着剤をご使用ください。(推奨接着剤:マリストワン内装用M60) ▶裏メッシュの色は白です。 ▶目地詰め作業後の拭き取りは各粒の外周の高さまで、しっかりと行ってください。 ▶標準目地幅=約2.8㎜

ご注文の際には

▶商品の色、質感につきましては、ご利用されるモニター環境、またOSやブラウザのバージョンにより、現物とは異なる場合がございます。▶タイルの選定及びご注文の際には、色合い、柄などをサンプルでご確認の上ご発注ください。▶サンプルのご依頼・お問い合わせは当社の担当営業までご連絡ください。▶サンプルには一部有償になるものがございます。▶ 諸事情により指定期日に配送できなくなる場合がございますので、あらかじめご了承ください。▶お届けは原則として軒下渡しとなっております。▶お買い上げ後の商品の返品は、瑕疵がある場合を除きお受けできません。▶サンプルと実際に納材する商品とは色合いに多少の差異が生じる場合がございます。▶予告なしに仕様の変更や販売中止となる場合があります。▶生産ロット単位で色合い・実寸法が異なる場合がありますのでご了承ください。▶ロット単位で色合い・実寸法が異なる場合がありますので、現場必要数量一括でのご発注をお願いいたします。追加発注時に、同ロットでの出荷対応ができない場合がございます。▶同じ商品でも形状により、色合いに差異が生じる場合がございますのでご了承ください。▶ケース・パレット単位の出荷が基本となります。一部の製品で小口出荷も対応いたしますが、その際の小口梱包費は別途ご負担いただきます。▶商品により施工の方法及び使用する副資材を指定している商品がございます。カタログの説明に沿って、適切な施工をお願いいたします。▶施工前に商品のご確認をお願いいたします。施工後のクレームはお受けできませんので、あらかじめご了承ください。

安全上のご注意

▶使用上の安全の為、用途区分表示に合わせた使用をしてください。尚、用途区分表示外の使用に関しては当社の担当営業にお問い合わせください。▶用途区分における屋内床とは水濡れをしない床の想定となっております。マンションの風除室・ホテルのロビーなどが想定される場合は、足拭きマットなどをご使用のうえ、タイルが水濡れしない状況でご使用ください。特に磨き品においてはご注意ください。▶スロープ部分へのご使用の際は、滑りの度合いが通常と異なりますので、事前にご相談ください。▶ガラスモザイクは、商品の特性上、角欠けや小さなヒビがある商品が含まれます。ガラスの製品は、身体を傷つける恐れがありますので取扱いには十分ご注意ください。▶ガラスモザイクの切断面は危険ですので、切断せずに納まるように割り付けてください。やむを得ず切断する場合は、タイルカッター・ガラスカッターで筋を付けて切断し、切断面は砥石で十分に研磨して、けがをしないようにご注意ください。
この商品に関するお問い合わせはこちら
お問い合わせ
カタログ・サンプル請求はこちら
カタログ・サンプル請求
  • 概要
  • 施工事例
本文はここまでです。
ここから共通ナビゲーションです。
共通ナビゲーションはここまでです。

ページの終わりです。
ページの先頭へ戻る